海上保安議員連盟

海上保安議員連盟と国土交通部会の合同会議を開催しました。日本の周辺海域の現状は、尖閣諸島や大和堆など、一層厳しさを増しています。

だからこそ、現場で対応する海上保安庁の体制強化が急務なのです。高性能の巡視船や航空機の整備、老朽化した装備の代替、人材の確保と育成が急がれます。

さらに、今回どうしても実現したいのが無操縦者航空機の導入です。これがあれば、限られた人材を必要な部署に重点的に配分することができるからです。

海上保安体制の一層の充実のため、今後も、議連と部会で一致結束して海上保安庁の後押しをしていく決意です。皆さんも日本の海を守る『海猿』へ、応援宜しくお願いします。

最新記事

すべて表示

皆さまにお力をいただいたにもかかわらず、私の力量不足でこのような結果となり、大変申し訳ありませんでした。 応援をいただいた皆さまに心より御礼申し上げます。