​「人口が経済に

与える影響

経済と人口の関係について考える「人口経済学」においては、人口オーナス、人口ボーナスという考えがあります。

 

人口オーナスとは、お年寄りが増え、働き盛りが減った結果、人口が経済発展にマイナスに働く状態です。よく言う「みこしの担ぎ手が少なく、乗り手が多い状態」とも言えます。​

日本は90年代には人口ボーナス期を終え、人口オーナス期に入っています。

経済再生大臣日経連_edited.jpg

経済

修正_DSC7621.jpg

外交

​「外交における

政治家の役割

現在の国際社会は、多くの国と国との緊密な関係の上に成り立っています。どんな国も、自国の繁栄を、単独で維持することはできません。

激動を繰り返す国際社会にあっては、現実の変化に対する素早い反応と、将来を見据えた腰を据えた議論がともに必要です。我々政治家はそのことを常に念頭に、外交にあたる必要があります。

​「日本の高齢化

現在の日本では、団塊の世代が毎年100万人ずつ高齢者の仲間入りをしています。しかし、高齢者になるということは、必ずしも弱い立場になるということではありません。自らの経験を活かせる場を探しておられる方々にも、多数お会いする機会があります。少子高齢化とはいえ、日本には、まだ活力があります。

ここで大切なことは、まだ活力が残っているうちに、本格的に日本の人口が減りはじめる、深刻な人口減少期に向けての準備をしておかなくてはならないということです。

行革大臣答弁_edited.jpg

社会保障

修正A9_08700.jpg

教育

​「教育の現状

教育は、人間が自立し、健康で文化的な生活を営んでいくための基礎であると同時に、この社会の発展を根底から支えている、国家にとって常に最重要の課題です。全ての国民に生き抜く力を授け、それを自国のみならず世界と共有していくことが、世界の平和と直結しています。

過去、どのような環境にあっても、やる気さえあれば、国際的にも最高水準の教育が受けられるという教育機会の平等が、日本が誇るべきところでした。しかしこれが、現在大きな危機にさらされています。

​「気候変化の実感」

最近、日本の気候が変だと思いませんか?極端に暑い夏や記録的な大雪、大きな竜巻の発生。今日は暑いなぁと思っていたら、翌日は急に冷え込む。まさに気候変動まっさかりです。

 

こうした気候変動の原因のひとつとされる二酸化炭素の濃度は、これまでの人類が経験したことのない高水準に達しています。

11539075_690467457720491_696365805646872

環境