活動記録

エコライフフェア

6月は環境月間です。環境保全への理解と関心を高めていただくためのイベントとして、環境省が主催してエコライフフェアを代々木公園で開催しました。
会場では様々な技術やアイディアが展示されていました。シミュレーターによるエコドライブを体験することができたり、風鈴に絵や文字を書き込む体験を通して音で涼しさを実感してみたり、楽しみながらエコライフを実践できるアイディアの豊富さに驚きました。
また、同じ会場でタレントのつるの剛士さんとの公開収録を行いました。つるのさんとは偶然にも同じ湘南の海でサーフィンを楽しんでいることが分かり、すっかり話が盛り上がりました。
わずかな変化が積み重なることで気候は変わります。だからこそ、地球温暖化を防ぐために、皆さんも小さなことから、取り組んで頂きたいと思います。

つるの剛士さんとの公開収録の模様

つるの剛士さんとの公開収録の模様

地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議 開催

6月29、30日に、沖縄の科学技術大学院大学で、「地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議」を開催いたします。
沖縄や島しょ国は、地球温暖化の影響が顕著に現れるところで、特有の取り組みが必要です。たとえば、観光資源である美しいサンゴ礁は自然の防波堤の役割をはたしていますが、海水温上昇により白化現象など深刻な影響を受けています。海面上昇により国土が消滅する危険にさらされている島もあります。一方、再生エネルギーとしての海洋の大きな可能性や、豊かな自然を活かした観光など、島しょの経済のあり方についても検討が必要です。島という形態に着目して、地球温暖化の影響を考え、環境と共生した理想的な姿を検討し世界に発信します。
この会議の素敵なポスターは沖縄在住の名嘉睦稔先生の版画です。沖縄科学技術大学院大学から15キロほどの場所にある部瀬名岬の豊かなサンゴの海の恵みを描いたものと聞いています。両日とも一般公開で行われますので、沖縄の方々を始め多くの方々のご参加をお待ちしております。

記者会見で地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議の開催を説明

記者会見で地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議の開催を説明

スーパークールビズキックオフイベント

環境省主催のスーパークールビズ2013 キックオフ・イベントを東京・六本木ヒルズで開催しました。今年のベストクールビズ大賞は、女優の米倉涼子さんと俳優の丸山智己さんが受賞されました。

今年は、女性にも皆さんにも「スーパークールビズ」を楽しんでいただこう、がテーマです。ファッションショーでは、涼しく夏を過ごせる新しいクールビズスタイルが提案されました。FBをご覧いただいている女性の皆さん。皆さんも女性ならではの感性で、暑い夏を乗り切るスタイルをぜひご提案下さい。スーパークールビズで、地球温暖化を食い止めましょう!

スーパークールビズキックオフイベント

スーパークールビズキックオフイベント

イギリスエドワード大使と会談

5月30日、イギリスのエドワード・デイビーエネルギー・気候変動大臣と会談しました。イギリスは地球温暖化対策で、EUをリードする国の1つです。CO2の削減目標については、短期的な目標にとらわれず、長期的な視点が重要だと、デイビー大臣とお話ししました。

イギリスでは、ヒートポンプなど、日本の先進的な環境技術を積極的に利用しているそうです。引き続き両国で情報を交換し、お互いに優れた技術を交換して、地球規模で環境問題を解決していきたいと思います。

会談中の模様

会談中の模様

ステファン・ラウルス・ステファンソン駐日アイスランド大使

ステファン・ラウルス・ステファンソン駐日アイスランド大使と対談しました。日本同様多くの火山が存在するアイスランドは豊富な地熱を電力に利用しており、主要エネルギーの大半を地熱でまかなっています。CO2の排出が少なく環境に優しい地熱発電ですが、日本では地熱資源のある場所が国立公園の内部などに多く、これまでは掘ろうとしても規制が厳しいというご批判を頂いていました。環境省はそのような声に応えて、再生可能エネルギーの一層の普及のために、自然環境への影響を最小限にとどめるなどの条件付きで、昨年3月に規制緩和をしました。

アイスランドの地熱発電のためのタービン発電機には日本のメーカーのものが多くつかわれています。両国で知恵と経験を交換、協力しながら、地域との共生を大切に、地熱発電を推進していきたいと思います。

ステファン・ラウルス・ステファンソン駐日アイスランド大使と対談中の模様

ステファン・ラウルス・ステファンソン駐日アイスランド大使と対談中の模様