活動記録

区割り法案成立

衆議院の選挙区割りを見直す法律が成立しました。
憲法の規定により、衆議院で可決成立した法案が参議院に送られた後に否決、または60日たっても採決されない場合、衆議院が3分の2をもって再可決すれば成立します。

今回の法律は、5年ぶりにこの規定により成立しました。今回の「0増5減」法は、福井、山梨、徳島、高知、佐賀の5つの県で定数を1ずつ減らし、一票の格差を最高裁が「合理的」とした2倍未満に縮小するものです。

ただし、皆さんご注意ください! 選挙区が変更されるのは、この5県に加え、青森、岩手、宮城、茨城、千葉、東京、神奈川、鳥取、和歌山、愛媛、長崎、熊本の17県、42の選挙区に及びます。

詳しくは総務省のホームページにてご確認ください。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000215085.pdf

区割り法案成立の報道

区割り法案成立の報道

自民全勝!

6月23日、東京都議会議員選挙は投開票日を迎えました。
私は自民党都連の会長として、党本部でその結果を見守りました。優勢は伝えられてはいたものの、選挙は「水モノ」。ふたを開けるまで安心はできません。
NHKによる当選確実の第一号は午後8時15分。西多摩の林田候補。それから遅れること15分。8時30分には私の地元・杉並区の小宮あんり候補、早坂よしひろ候補の名前の上にも、赤いバラが付きました。それからは、当確ラッシュ。バラ付けも間に合わない程、次々と当確が決まります。日付の変わろうとする頃、最後に当確が決まったのは目黒の鈴木候補。
党本部のボードは赤いバラで埋まり、59名の候補者が全員当選するという都連初の快挙でした。

20130624-1

20130624-3

20130624-2

20130624-4

都議会選挙初日

いよいよ今日から東京都議会議員選挙が始まりました。
 
 これまでも都議選は単なる地方選挙にとどまらず、その後におこる政治の動きを予感させる結果を残してきました。その意味で、参議院選挙を間近に控える今回の都議選には、各党とも国政選挙並みの体制で臨んでいます。
 
 私も、自民党東京都連の会長として、今日は同志の応援に飛び回る一日です。地元の杉並では、朝から降り続いていた雨も、出陣式の前にあがって、薄日の差す中、二人の候補とも元気いっぱい自分の信念を訴えました。改めて自信を持って申し上げます。自民党には東京を支える、この国を支えることのできる人材が揃っています。

杉並区内で応援

杉並区内で応援

環境保全功労者表彰

 我が国の提唱によって、国連では6月5日を「世界環境デー」と定めています。そして6月を「環境月間」として、皆さんに環境について考えて頂くための、様々なイベントを行っています。

 6月12日、その一環として、環境保全に尽くして下さった方々を、環境保全功労者として表彰させていただきました。言い古されたことですが、環境を傷つけるのは一瞬のことでも、それを取り戻すには、気の遠くなるような時間がかかります。誰でも環境のためにできることがあるはず! 環境を守るため、まずは身の回りの小さなことから始めませんか?

環境保全功労者の皆様と

環境保全功労者の皆様と

福島市東北六魂祭

福島市で開かれた東北六魂(ろっこん)祭に参加しました。

東北六魂祭では、東北6県の代表的な夏祭り(仙台七夕まつり、盛岡さんさ踊り、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、山形花笠まつり、福島わらじまつり)を1日で見ることができます。東日本大震災からの復興を願って始まりました。仙台、盛岡と北から始まり、今年は福島での開催となりました。

午前は、福島市内の除染情報プラザ特設ブース内で「ふくしま再生の未来へ(ふくしまFM)」を公開収録しました。共演したシンガーソングライターの川嶋あいさんが「旅立ちの日に」を生演奏されましたが、とても素敵な曲でした。

福島再生のメッセージとして私からは「咲」という言葉を送らせていただきました。

午後は、「福島ふるさと広場」にて、各市町村が出展する沢山のブースを廻り、サクランボジュースや美味しいそうなものを買って両手いっぱいになりました。

環境省の有志が集まり、「ふくしま復興サポーター」として、明日の福島づくりをお手伝いしています。今回はその2回目の活動として、そろいの緑のポロシャツで、出展しているそれぞれのブースをお手伝いしました。

IMG_8348

IMG_8313

IMG_8378

IMG_8397