活動記録

千葉にて石井準一候補の応援

千葉県東金市に石井準一候補の応援に来ました。石井さんは、同い年のこともあって、私の友人です。
当選一回ながら、参議院の国土交通委員長を務められ、少数与党でありながら、この国会では7本の法案を成立させました。その秘密はこわもてであるけれども、優しくきめ細やかな対応が出来る政治家だからです。

千葉県は農、魚と第一次産業が盛んです。皆さんご存じの通り、第一次産業は環境問題と密接な関係にあります。石井候補と共に、すばらしい環境をつくって行きましょう!

最後は九十九里の方言でガンバローコール
「がんばっぺー、がんばっぺー、がんばっぺー!」

石井準一候補の詳しいご紹介はこちら。
http://www.ishii-junichi.com/

千葉にて石井準一候補の応援

千葉にて石井準一候補の応援

大阪にて柳本卓治候補の応援

大阪西成区に初見参。大阪でも最もホットな市民の皆さんの歓迎を受ける。柳本卓治さんは私の当選同期。衆議院法務委員長の先輩でもあります。
今回は安倍総理のたっての希望で衆議院から参議院大阪選挙区へ転出。参議院でのねじれ回復に一役買おうと大奮戦。
気張りまひょ、たくじさん!

柳本候補の詳しいご紹介はこちら。
http://www.yanagimototakuji.net/

柳本卓治候補の応援

柳本卓治候補の応援

とある大阪市内の政治連盟で講演。 柳本卓治候補が市議会時代からの長いお付き合い。大阪市民のゴミをしっかりと整理処分してくれている皆さんに、廃棄物を担当する環境大臣として、御礼を申し上げる。当選同期とご縁のある柳本卓治候補への支援を、強く強くお願いする。

とある大阪市内の政治連盟で講演

とある大阪市内の政治連盟で講演

柳本卓治候補は信念の政治家。中曽根元首相の薫陶を受け、筋を通し曲がったことが大嫌い。憲法改正をライフワークに国会で活動する政治家です。今回は安倍総理のたっての希望で衆議院から参議院大阪選挙区に転出。府民の期待を背負い、勝利を目指して全力投球!
会合を主催してくれた谷川とむ第19選挙区支部長に感謝!

会合に参加

会合に参加

アテンドしてくださった、大阪府松原市議の橋本先生です。
「ほな、さいなら!」

大阪府松原市議の橋本先生

大阪府松原市議の橋本先生

東京にて丸川珠代候補とたけみ敬三候補の応援

いよいよ本日、参議院選挙が公示されました。

東京の丸川珠代候補の事務所開きに応援に行ってきました。
丸川候補は厚生労働大臣政務官の経験を活かし、若者、女性、高齢者が主役になれる社会を目指します!候補自身、母親として政治家として、子育てと仕事を両立しています。丸川候補と共に、すべての方が自分に誇りを持って自立出来る社会を作って行きましょう。
丸川さん、初日から大気合入りでした!

丸川候補の詳しいご紹介はこちらです。
http://www.t-marukawa.jp/

丸川珠代候補の応援

丸川珠代候補の応援

東京のたけみ敬三候補の応援に行ってきました。
自民党は参議院選挙東京にて、26年ぶりに2議席を目指します。
イキイキとした熟年世代により、東京から日本の活力を取り戻す!熟年パワー全開のたけみ候補から、私もパワーをもらいました。私も負けていられません。皆さん、共に活力ある日本をつくって行きましょう。
何とか敬三さんを押し上げてください!

たけみ候補の詳しいご紹介はこちらです。
http://www.takemi.net/

たけみ敬三候補の応援

たけみ敬三候補の応援

丸川さんの立川での三多摩第一声。宮崎先生のおかげで、とても盛大にできました。それにしても東京は広い!三多摩も広い!
この勢いで丸ちゃん、東京中を走りまわれー!

丸川さんの立川での三多摩第一声

丸川さんの立川での三多摩第一声

安倍総裁演説、有楽町イトシア前に3000人。人、人、人!
熱い視線に私も演説に力が入る。安倍総裁もヒートアップ。時間をオーバーして、経済、社会保障、教育、外交、拉致問題と22分の大演説。聴衆の見つめる視線に期待を感じる。都民の皆さんのために丸川さんは負ける訳にはいきません。
選挙頑張るぞ!気合いだー!

安倍総裁演説、有楽町イトシア前に3000人

安倍総裁演説、有楽町イトシア前に3000人

参議院選挙が公示

いよいよ明日から参議院選挙です。さきの東京都議会議員選挙では、皆さんにあたたかいご支援を頂き、自由民主党は59名の候補者全員が当選することができました。ただ一点、投票率が低かったのは残念でした。日本の明日を決める大切な選挙です。
皆さん、投票に行きましょう!

参議院選挙はじまる

参議院選挙はじまる

お盆にはお墓参りに

福島県大熊町の除染現場に、激励に行ってきました。

今日の現場は、町の共同墓地。実は大熊町の渡辺町長から「まだ自宅に帰れない町民たちから、お盆にはぜひお墓参りに行きたいとの要望が出ている。何とかしてほしい」とのお話を頂いたのがきっかけでした。

町の皆さんの願いを実現するために、環境省と復興庁が連携し、共同墓地の除染が実現したのです。小雨の降る中、白い防護服を着て黙々と除染を続ける作業員の皆さん。暑さが厳しくなれば、作業はさらにつらいものになるでしょう。しかし、「お盆には防護服なしで、ご先祖様をお参りしたい」という地域の皆さんの思いをかなえるために、頑張りましょう!

福島県大熊町の除染現場に

福島県大熊町の除染現場に